読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PEACH MELBA

#統合失調症#薬害#今は寛解して明るく前向きに生きてます。闘病日記からつぶやきなどマイペースに更新します

母の日/そしてはじめての異変

私の病気は、全てここからはじまりました

母の日っていうのは、いつも忙しい頑張っているお母さんに、感謝を込めて、

ありがとう

って伝える日


健康で明るくて、私がどんなことがあっても一生懸命支えてくれた母

あっと言う間だね。

 

私は、バツイチ出もどり。

病気持ち、

更には、4人の自分の子供を置いてきてしまった。

今では、ラインでたまに連絡するけど。

正直…

周りからは、いい歳にもなって仕事もせず子供置いてきて実家暮らしの出もどりバツイチ。

というBADなイメージ。

どんなに、頑張っても

世間の目線は厳しいのだ。

若い時に結婚して近所の母の周りの方には、いつも『頑張ってるねー!偉いね』なんて言われてたけど、

離婚しちゃうと、『やっぱり無理だと思ってたのよ~』とか?噂になる

悪い事してないのに、悪口言われてしまうのだ。

まるで手のひらを返したかのように。

更に厄介なのは、

病気だと分かりづらい。

かといっても病気だと公言しても、またまた面白おかしく近所のオバさまの話のネタになるだけだ。


最近…私の仲良かった昔からの友達も、以前会った時に、無視されて睨まれた。

すごくショックだった。

上京している何人かの昔からの友達も、めっきりメールしても返信がない。

え?私嫌われものですか!?


別に働く気がないわけでもない。

それなりに、努力して何度もハロワで紹介してもらい面接しては幾度となく落ちた。

身体障害者には優しく、
精神障害者には厳しい。

精神障害者ってきくと、サイコパスとかキチガイみたいなイメージ?

 

私は確かに変わっていると思います。

完璧主義というか、、
目標の達成の為なら我が道を貫き通すし、変な所に頑固で潔癖です。

 

結婚してからは長男の嫁として同居しました。
何も知らない私は、

毎日朝早くから稼いでいました。


それなりに精一杯努力した方だと思う。

努力すればなんとかなるってね!

それが普通だと思ってたのよね


真面目にさえやってればいい事ある。

そう頑張ってた。


結婚も

周りの友人達で一番早く結婚。


子供もいて家庭的な奥さんになり、

 

みんな『いいなー』

って言ってた。
羨ましいと言われて

それなりに幸せだった。

というか、

これが、幸せなんだと思って頑張った。

じゃなきゃやっていけないから。

気がつくと20代から30代の頃は周りの友達も、結婚していった。

 


22歳に出産、育児、家事
24歳に出産、育児、家事
26歳に出産、育児、家事
28歳に出産、育児、家事

しかし、

同居して、あんまりいい暮らしとは言えなかった。

子供達を産んだことは後悔していない

むしろ、助けられていた。

自分の居場所。

自分の素顔、、、

自分らしくなっていられる時は、

子供達と接してる時だからだ。


あ、やっと私になれる。ってね。

家事は私にとっては、同居ともなるともはや人様のお屋敷の借りた台所。

気を遣いながらもなんとか?
頑張ってた

お風呂、トイレ、居間、旦那との部屋も

全てお父様、お母様のお家だし。

睡眠時間もろくにないと心にも余裕が無くなる

旦那に当たり散らす時もあり、

旦那は仕事から疲れて帰ってきて、

情緒不安定な嫁を面倒だと思っていたのだろう

あまり、心配することはなかった。

私が面倒な奥さんだったと思う

っていっても、

家事育児、普通に考えて
出来て当たり前だ。

泣いてる子供を抱きしめ、
私も泣きたいって思ってた。


誰にもねぎらいの言葉をかけてもらう事など当たり前だか、

なかった。

最初の頃はあったけど、
慣れとはおそろしい。

私は身体が何個あっても足りないくらい忙しかった。

頑張っても頑張っても

誰にも家事育児褒めてもらえない。
当たり前かもしれないが。


自分の存在価値が分からなくなった。

周りの人に、

『専業主婦って楽よねーっ』
共働きの主婦に言われたが仕方ない。

『同居は楽でしょう。金銭的にさ。』って言われても私がみんなより恵まれていると思って、むしろ頑張って稼いだ。

挙句の果て、
『よく無計画に産むね』

と言われて何も言えなくなった。

恥ずかしくなったと共に腹ただしさが増した。

なんとも言えない空虚感を味わい

グサッと来た。

無計画どころか、

子供大好きだっただけなのに。

『お金持ちは良いよね~』

これは、さすがにイヤミに聞こえてくる

 

お金持ちというわけではなくて、

むしろ周りにはそう見えたのだろう

私は何にも出来ないギャルだと思われていたのだろうか。

若いというだけで女達は意地悪したくなるのか、私に責任重大な会計やら副会長やら
いや、会計と会長の仕事まで任せられてしまった。

誰も助けてくれない。
みんな、仕事して忙しいとかで私がやる羽目に。


私が行き詰まったのは初めて寝れなくなってしまった事から始まった


更に、寝てないから頭が回らない。

あれ?いつも出来たのが出来ない!

私はますます悲しくなって1人で泣いていた

朝はまってくれない。

朝から頭真っ白泣いて家事をする日々が続いた。

一番下の子が『おかあさん~』『抱っこして~』『おかあさん聞いてんの~』

全く聞いていない。

いや、頭に何も入ってこないのだ。

そんな異変に誰も気がつかない。

当然だ。みんな自分のことで忙しく構ってられないし、みんな生活に時間に追われ必死、


私がミスをしたら旦那さんはいつもの、ノリで辛口でイヤミを言っていただけなのかもしれない。

私の頭の中では、すべてが冗談も通じないくらい弱っていたのか?

ほんのイヤミでも悲しくなって1人で隠れて泣いた

もちろん、旦那さんは何?みたいな感じだと思う。

次第に私がヒステリーに過敏になり2人の喧嘩も絶えなくなってしまった。

何で泣きたいの?
何で喧嘩しちゃうんだろ?
何で前出来た事がだんだん出来なくなるの?

そして、やがて、役員とやらの仕事が終わり、ホッと気が抜けた瞬間、頭真っ白にフリーズしてしまっていた。

見えないものが見えたり←幻覚

聞こえないものが聞こえた←幻聴

悪夢しかみないから寝れない←不眠

統合失調症の陽性症状

統合失調症は精神性ストレス、遺伝からくるそうです。

うつ病を通り越して、
統合失調症になっていたのだ。

深刻なことに、

『こんな私は誰にも受け入れてもらえない、、、生きてて申し訳ない』

そういう考えになってしまう。

精神科は、薬しか渡さない。
けど私が満たされたかったのは、愛や理解や絆だったのかもしれない。

認められている存在価値。

薬を飲んでも入院しても
何にも生活や状況は変わるはずはない。

現実が嫌になり死にたいと毎日考えていた

かなりの重症。


実際には、もっと深刻な統合失調症だったのだというのに。うつ病としか診断されず
軽い心の風邪と言われた

さすがに幻聴、幻覚、は辛かった


渡された薬は睡眠薬精神安定剤

『全部飲んでしまえば死ねる』

こんなこと、子供がいるのによくできるなって思うでしょう?

その時の本人は重症末期の統合失調症の陽性反応で、分からないのです。

とりあえず、常識的なものもなくなります

死ねるなら良い。

そうなんです。うつ病とまた違う感じ

頑張って!と言われればプレッシャー
おかあさん~って言われればごめんね~って泣く

旦那さんに軽い冗談でも、『おい!早く~』だけでも涙

面倒くさい嫁になりました

はい!

お手上げです。

大量に薬を飲み旦那さんは心配して怒りました。

怒られると、ますます死にたい、、、

こんな感じだと思ってます。


旦那さんは心配して怒りました『ごめんなさい、迷惑かけてすみませんでした』っていう考え、
そんな当たり前な常識的なものも分からなくなりました。

言いかえます。

なるんです!徘徊したり。暴れたり。

 

今、あれからだいぶ経ち落ちつきました。

治りましたと言いたいけど、

まだ私は服薬して外来に通っています。

いっぱい飲んでいた薬もやっとあの時の1/3くらいに減りました

その当時、強めの精神安定剤朝、昼、夜強めの睡眠薬寝る前に。沢山飲んでいたのが嘘のようです。

精神性の薬は毒です。
頭は逆にハイテンションで、お酒飲んでるみたいになりました。

記憶が無いです。

そうなんです。ハイテンションでも悲しことに覚えていない私

徘徊したり自殺未遂して旦那さんたちにいっぱい迷惑かけて申し訳なかったです

手に負えない嫁、、、は、
入退院を繰り返していました。


更に、実家で静養することになり、病院も変えて、周りの人たちの話し合いの結果

やむなく離婚をしました。

統合失調症とは病気
うつ病は病気ではなく精神性障害だそうです。

私は明らかに統合失調症らしき症状でしたが、

病気としてみなされるまでに3年以上かかりました。

その当時
私は暴れたり、徘徊したりしたそうです。

やっと病気と認められて精神障害者認定とやらを受けられて、

渡されたのは

障害手帳。


多分、そのせいもあるのか、

信頼も友人もなにもかも失いました。

今、振り返ると長かった。

私が私らしくなれるまでに。


でも、幻覚、幻聴はなく、元気になって自分を取り戻しています。

薬もかなり減りました。まだまだ減薬頑張ります!
やっと私に戻れた。

大好きな本を読んだり
料理をしたり
ブログやパソコンの勉強
軽い家事などが出来たり

だいぶ復活してます。

 

そして、母の日

いっぱい迷惑かけている母親に母の日に軽い気持ちでお菓子をプレゼントしました。

ごめんなさい。

そして、私は4人の母でもあります。

こんな私を4人はどう思っていたのだろうか?

考えればキリがありません。

しかし、うつ病精神障害者になった方々への私からのメッセージです。

偉そうには言えませんが、

今、苦しくても自分を許してあげて下さい。

カラダが悲鳴をあげている自分を許して休んで下さい

 

ま、いっか。
なんとかなるさー
ぐらい

私は悔しかったんだと思います。
負けず嫌いと執着心だけで、
隙のない専業主婦になろうと必死でした。

完璧な母親
完璧な嫁
完璧な妻

になりたくて…

身体を壊している自分に早く気付くべきだと、、、

今更ながらも後悔しています。

 

長々、読んでいただきありがとうございました。m(_ _)m